HOME 店舗案内 うんめ豚って? お知らせ お問合せ

 


豚肉をこだわりの品にすべく、自家生産→直売に取り組み「最高品質の豚肉づくり」に大きなポイントになる飼料に研究を重ねて、より日本人好みの肉質やテイスト・食感になるよう改良してきました。さらに飼料添加物を使っていませんので「安心」。ビタミンやミネラル補強など、栄養バランスにも気を配り、<健康な豚づくり>を第一にしています。
 


●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●
 

少数精鋭

私どもで飼料や環境からこだわって生産し、皆様に直売しているお肉ですが、規模は養豚業というほど大きくありません。そのため一日に販売できるお肉の量が限られており、ご要望の量をお届けできず皆様にご迷惑をおかけする事も少なくありません。しかしすべては目の届く範囲で品質を保った生産を維持するためという事でご容赦いただいております。
 

妥協の無い飼育環境

豚を健康に育てるための設備投資は惜しみません。たとえば豚舎内の温度管理のため、一定以上の温度になると自動的に豚舎横の窓を覆っていたスクリーンが巻き取られて外気が取り入れられ、室温を下げるようになっています。逆に一定以下にならないよう、寒くなると自動的にスクリーンで窓が覆われるようになっています。
また、天然の井戸水が一定時間おきに撒かれて、豚の生活スペースが常に清潔に保たれるように工夫しています。同時に、やはり豚にとっても美味しいようで、この井戸水は喜んで飲まれています。
 

餌にもこだわり

食の安全が特に叫ばれるようになりましたが、安全でおいしい豚を生産しようとした場合、飼料をいいかげんに選ぶわけにはいきません。添加物など一切使用しない安全な食べ物にこだわっています。
しかも高品質な豚肉づくりにおいて飼料の果たす役割は6〜7割を占めるとも言われるほど重要なものです。そこで基本となるトウモロコシを中心とした飼料にサツマイモを配合。更にビタミンやミネラルを補強して栄養バランスに配慮することで、日本人好みの肉質、味、食感を実現すると同時に安心して食べられる健康な豚づくりを実践しています。

 

外食のプロも大絶賛

今よりもまだまだブランド力も知名度も無かったころ、納得のいく味の肉ができたので、実力を試してみたいという好奇心からある食品会社を通じて関東方面の複数のレストランにサンプルをお送りした事がありました。結果は、8割以上のお店から是非使いたいというお話を頂戴できたうえに予想以上の高値が付いてびっくり。
しかし生産量が限られており最初から販路拡大が目的では無かったという事や、当時はそこまでの体制が整っていなかった等の事情からすべてお断りする事に。嬉しいような切ないような、そんな出来事でした。
 

数字に表れたうまさ

「豚肉がおいしい」と言われてもピンと来ない方はまだ少なくないと思います。しかし食べて頂いた方からは「うんめ!」と驚きの声があがる…。そこで更なる客観的評価を知りたいと考え、社団法人県央研究所に肉の成分調査を依頼しました。
すると従来の豚肉に通常含まれている量のおよそ5倍もの「イノシン酸」が含まれていることがわかりました。
イノシン酸は特にかつお節に多く含まれ、和風の味を構成する重要なうまみ成分の一つです。この成分が多く含まれる事によって、肉自体に非常に強い甘み(旨み)があります。しかし決して嫌な味ではないため、濃い味付けを必要としません。
豚しゃぶなどの薄口の味付けであっさりと、またはシンプルに塩・胡椒のみで召し上がっていただくことで、よりこの肉の美味しさを実感して頂くことができると思います。



うま味とイノシン酸とについて
池田博士が発見したこんぶのうま味成分グルタミン酸ナトリウムに続いて、1983年に池田博士の弟、小玉新太郎氏によってかつお節のイノシン酸が「うま味」成分として発見されています。

●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

鮮度を保つ、新設大型冷蔵庫

 

主な取引先

 

お取引・卸売りについて

依然として大量のお取引にお応えできるほどではありませんが、生産量も次第に安定しつつあります。そこでこの度、うんめ豚をお取り扱いいただける業者様を、限定的にではありますが全国から新規に募集させて頂きたいと思います。

ご紹介させて頂いた通り非常に小規模であるため、部位、数量、納期等においてすべてのご要望にお応えすることが困難でご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、味と品質には自信があります。また、特別育てにくい品種ではないため価格も安定しております。
是非この機会に、他のブランド豚と価格・味を比べてみてください。
皆様からのお問い合わせなど心よりお待ち申し上げております。

店主


 

とり福

住所 〒959-0251 新潟県燕市吉田本所1981-1
電話   0256-93-1129
FAX 0256-93-1486
営業時間 午前9:00〜午後7:30
定休日 火曜日
(但し、第3週のみ日・月曜定休日、翌火曜日営業)


グルメショップとり福

 

 

 


▲ページトップへ


Copyright(c) 2009 TORIFUKU All rights reserved